スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スネークを完全に見逃しレーダー凸される

11月1日、17時30分くらいのA下位でのマッチにて。
マップは、「放棄区画D51 〜氷点下の鳴動〜」。

目視は大事ですね、という話です。

状況を説明します。私はGRF側に所属のセン支でした。
Cプラで榴弾の直撃を食らい大破した後、ミニマップのD~Eプラ間の上部を赤丸が通りました。
注意を喚起するために、私はベース防衛チャットを出しました(と思います)。
私がベースでリスポンし、それに反応して2名くらいがベースに戻ってきてくれました。
その時、既に赤丸マップから消えてどこにいるのか分からない状況です。私はEプラへ向かいました。
周囲に敵が居ない事を知り、初期センサーを放り投げ、Dプラ辺りにセンサー設置に向かいました。
ベースの味方も居ないと知ったか、センサーを置いた辺りで前線に向かおうとしています。

 さて、ここで問題です。この時、敵はどこにいたでしょうか?

その問いに対して、私は呑気にも「エリア移動をした」と解釈しました。-10cpです。
…その数十秒後、レーダー破壊からの凸されました。電磁砲装備の強襲兵装に。
気付いた時には既に時遅し、それはもう、すごい勢いで削れていきました。
もともと少し勝っていたコアゲージが、単体凸を何度通せばひっくり返せるのかという位まで減らされました。

これが今回の私のミスです。

今回私が得た教訓は・・・
「センサー支援たるもの、敵機が潜んでいるという可能性がある限り、
 最大限に索敵を行い、コア凸の可能性を防ぐべし。」
ということ、でしょうか。


目視で敵機を探すのは基本なのに、それを怠ったおかげで今回は大惨事を起こしてしまいました。

「目視でのベース前哨戒」ですとか
「偵察要請と注意チャットでベース前警戒を促す」ですとか
「ミニマップを拡大してレーダーor砲台の状態を確認する」ですとか
…私が考え付いただけでも、やれることはたくさんありました。


私のこの失敗が、他の誰かの糧になることを願います。

コメントの投稿

非公開コメント

話のオチ

私が失敗してしまったこの試合ですが、
試合時間がラスト30秒といった辺りで、
凸屋さんが一人でゲーム差をひっくり返して勝利しました。
あの凸屋さんには、ただ感謝の言葉しかございません…。
CALENDER

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

RECENT ENTRIES
RECENT COMMENTS
ARCHIVES
CATEGORY
PROFILE

ドンケルパイト

  • Author:ドンケルパイト
  • ボーダーブレイク用

    CN:ドンケルパイト
    クラス:脳内A4(A3?) 
    アバター:まじめ

    要らん子と言われないようになりたい
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。